TOPへ

ホーム > OXOのキッチンツール一覧 > 保存容器 > ポップコンテナ

OXO Pop Containerオクソー ポップコンテナ

並べれば、そこがあなただけの収納スペース。
ボタンをポンと押すだけで開閉、さらに外気もブロックします。



収納


  • インテリアのように美しく、整然とした佇まい。

  • 幅の狭い引き戸の中もきれいに整頓できます。

  • 深さのある引き出しも、効率よく収納。

  • 一緒に使うものだから、いつも一緒に。

  • 並べ方も積み重ねも、自由自在。

  • 活躍の場は、キッチン以外にも。

サイズ

ポップコンテナは、大きさが3種類、高さが4種類。
コロンとした形がかわいらしい「ポップスナックジャー」もあわせると、合計13サイズの展開です。


8の倍数で統一された高さと、11cmと16cmで統一された大きさ。(ポップスナックジャーを除く)

  • フタの傾斜と底の突起は、積み重ねても滑らないための工夫です。

  • AS樹脂性の青みがかったクリアなボディは、中身の美しさを引き立てます。

  • 開閉ボタンはハンドルの役目も果たすよう、ならだかなカーブをつけています。

  • ボタンを押す力は約2キロ。カチッと音がして、開閉したことがわかります。

お手入れ

ポップコンテナは、お手入れにもこだわりました。
容器本体はもちろん、気になるフタの内側もしっかり洗えます。


  • 1.ふたの分解は、ボタンが上がった状態で行います。

  • 2.ボタン部分をしっかり持ち、下蓋を矢印の方向にひねって外します。

  • 3.下蓋のパッキンを外します。

  • 4.ボタンのついた上蓋の内側にあるパーツは、穴に指をひっかけ手前に引いて外します。

  • 5.4つのパーツは、すべて水洗いが可能です。

  • 6.ボタンのついた上蓋は分解できませんが、水抜き用の穴があるので、流水で洗うことができます。
    洗浄後は水抜き穴を下にして水気を切り、しっかり乾燥させてください。

  • 7.洗浄後は、逆の手順で組み立ててください。
    パッキンを取り付ける際はフタの突起とパッキンのくぼみを合わせ、正しい位置で固定されていることを確認してください。

  • 8.本体も、まるごと洗浄できます。
    四隅はならだかにカーブしているので、隅々まで手が届き、しっかりとこすり洗いすることができます。
    においが気になる場合は、漂白剤もお使い頂けます。

  • 9.湿気を防ぐため、洗浄後はしっかりと乾燥させてください。
    また、それぞれの部品は正しい位置に取り付けてお使いください。

仕様

サイズスモールスクエア:11cm×11cm、 レクタングル:11cm×16cm、 ビッグスクエア:16cm×16cm
ミニ:8cm、 ショート:16cm、 ミディアム:24cm、 トール32cm
材質容器本体: AS樹脂(耐熱80℃)
フタ: ABS樹脂(耐熱80℃)、シリコンゴム(耐熱310℃)、ポリアセタール(耐熱120℃)、ステンレス鋼
電子レンジ× 対応していません。
冷凍、冷蔵○ ご使用いただけます。
ただし、中身は乾物のみ。水気のあるものは入れないでください。
食洗機○ フタ内側のシリコンパッキンのみ対応。
× 容器本体と、シリコンパッキンを除くすべてのフタのパーツには使用しないでください。
漂白剤○ 容器本体と、外蓋(ボタン部分)を除くすべてのフタのパーツに対応。
× 外蓋(ボタン部分)には使用しないでください。
取り扱い上のご注意

OXO(オクソー)ポップコンテナはドライフード(乾燥食品)を保存するための密閉容器です。

ドライフードとは塩、砂糖、小麦粉、片栗粉、スナック菓子などの乾燥食品を総称したものです。

耐熱温度の範囲内で冷蔵庫、冷凍庫でお使いになれますが、急激な温度差の環境にさらされた場合、気圧の関係で蓋が持ち上がってしまうことがありますのでご注意ください。

液体を多く含む食材、発酵などをしてガスを発生するような食材を入れることはお避けください。刻みネギなどの調理食材、佃煮などのお食事の付け合せを保存することは可能ですがドライフード用に開発された商品のため本来の使用目的以外にお使いいただいた場合機能(フタの密閉性、開閉機構など)に支障が生じる場合がありますので了承ください。

  • ご使用前に食器用洗剤で洗ってからお使いください。
  • パッキン以外は食器洗い乾燥機はお使いになれません。
  • パッキンは時々はずして、きれいな水で洗ってください。(パッキンとは、フタの枠部に装着する四角いゴムです)
  • ご使用後はよく洗い、水分を拭き取ってください。
  • パッキンにほこりなどの汚れが付着していないことを確認してからお使いください。
  • ボタンのついている上蓋は漂白剤はお使いになれません。
  • たわしやみがき粉を使用すると傷つくことがあります。
  • 火のそばに置かないでください。
  • 色の濃い食品や合成着色料などを含んだ食品から容器に色がつくことがあります。
  • 液体を多く含む食材は保存しないでください。
  • アルコール性、酸性の強いものの保存はお避けください。
  • 電子レンジや直火、オーブン、グリルはお使いいただけません。
  • 保存の際は、上のボタンがしっかりと下がっていることをご確認ください。
  • しっかりとフタが固定されていることを確認のうえ、お使いください。
  • コンテナを持つ際は、下の容器部分を持つようにしてください。
  • 内容物がもれる場合がありますので、横にしたままの保存はお避けください。